Way to Revival ~生き残った三菱Jeep J52と共に~

昭和生まれの三菱Jeep J52と苦楽を共にするブログです。

色々交換!!  

久しぶりに天気のいい連休・・・っつうか暑すぎ((((;゚Д゚)))))))

相変わらず体調が優れず、咳が出て呼吸困難になる(笑)←笑えない。マジ、辛いっす。

ジッとしているのも暇なんで、早速溜まっている部品の交換を開始する。

まずは・・・
華氏表示で不便な(もう慣れちゃったけど)水温計、でも古い車にはないと困る水温計。元々はハリケーン用の水温計なので、異径変換アダプターを入れて使っていた。
当然ながらエンジンが違えば取り付け位置も異なるわけで、長さは結構きつめで、元々の管の固定ステーを向きを変えたりして何とか使っていた。

IMG_3895a.jpgIMG_3897a.jpg

かなり無理に付けていたwww

IMG_3899a.jpg

170から200の間にあれば安心。

IMG_3900a.jpgIMG_3901a.jpg

ついに見つけて入手した純正の水温計。しかも新品未使用のNOSです。

IMG_3911a.jpg

サクッと交換完了。

続いて・・・

IMG_3903a.jpg

袋は汚いが、中身は綺麗なホース。
ブレーキ、クラッチではなく、油圧計とエンジンを繋ぐホースです。

IMG_3904a.jpg

新旧比較。40年物はかなり癖が付いてしまっている。

IMG_3902a.jpg

まずは油圧計から来るチューブと分離。
さすがにここは余計な手を入れられていなく簡単に緩んだ。

IMG_3906.jpg

新しいホースとエンジン側ブロックを繋ぎ、メーター側のチューブと接続して完了。

さらに・・・!!

以前、ポロッと欠けてしまったアクセルワイヤーのクランプ。そりゃ樹脂製で40年以上も熱にさらされていれば劣化もするでしょう。
なので、欠けてしまった樹脂部分を全部撤去し、丁度良さげな部品を取り付けてみた。

IMG_3914a.jpg

燃料配管用のクランプだが、これが中々いい塩梅にしっくりと収まる。

IMG_3922a.jpgIMG_3923a.jpg

完了でございます。

ついでに・・・

排水口の蓋・・・ではなく、ホーンのグリルのビスが錆びていたので新しいのに交換。

IMG_3916a.jpgIMG_3919a.jpg

スポンサーサイト

Posted on 2018/10/07 Sun. 20:29 [edit]

category: メンテナンス

tb: --   cm: 0

アクセルケーブル交換  

前々から痛みが酷く気になっていたアクセルワイヤー。三菱ではすでに廃番、アストロン用の新品ケーブルは持っているが長すぎて使い物にならん。
以前、三菱に部品を頼んだら、なぜかJ3Rハリケーンエンジン用のケーブルが・・・。ハリケーンは出てもKE47は出ないってか。

仕方ない、生産台数も年数も短いJ52だ。無い物は流用かアメリカからお取り寄せだ。

で、今回は・・・。

IMG_3784.jpg

キャブ側がこんなん・・・しかも樹脂とかあり得ない・・・純正だよね??

IMG_3783.jpg

アウターも数か所切れていて、ワイヤー用の潤滑スプレーを吹くと何箇所もオイルが漏れてくる。

昔、よく聞いたのが出先でワイヤーが切れたって話。
それでは困るので、使えそうなワイヤーを他型式から探すことに。

アストロン用は長すぎるので全滅。J3R用は短いし、先端形状が違う(作ればいいだけだけど、多分長さが足りない)。55用はアストロン同様に長すぎる。
残るは53、54の4DR6用と4DR5用。
画像を相当数検索して、4DR5用が使えるんじゃないかと。

IMG_3774a.jpg

で、入手した54用のアクセルワイヤー。先端形状は同じ、ワイヤーに樹脂コーティングされているのが時代の違いか。
アウターからのワイヤーの突出長も同じ。

IMG_3790a.jpg

全長はディーゼル用の為、52用のそれと比べてかなり長いが、アウターから出ているワイヤー長が同じなので取り回しを換えればいいだけ。

IMG_3787.jpg

少し加工が必要な固定部。

IMG_3781a.jpg

全体の取り回しはこんな感じ。
後はバッテリー横の固定を考えるだけ。
4DR用のワイヤーもすでに廃番なので、程度の良いワイヤーを探すのも一苦労だろう。

上手く程度の良いワイヤーを入手できたのがラッキーだった。
これで安心して?遠出ができる(笑)

Posted on 2018/09/23 Sun. 18:54 [edit]

category: メンテナンス

tb: --   cm: 0

リアハブ修理  

車検後に、遠出する前にブレーキの点検でもしよっかと下に潜った時に

「ん??」

な滲みを発見。
あれ??グリース入れ過ぎたかな?

「いや、ドラムの中は綺麗だったしなぁ」

いや~な予感。

で、海外出張へ行く団長さんに部品をお願いしておいたわけ。

が、今日の修理までの流れ(笑)
前置き長いwww

で、問題の左を早速開けてみる。
久々にあの固く締結したリアハブを巨大プーラーで抜くことになる。
予め、ブレーキシューは外しておく。

IMG_3733a.jpg

2度目になると、ハブの外しも手慣れたもので、ギュギュギュッ・・・カンカン!!・・・パキンッでフランジは簡単に外れた(笑)
で、ハブキャップを外すと、予想通りオイルが溜まっていた。
やっぱりオイルシールが逝ったか・・・。シールが逝くとオイルはドライブシャフトのキー溝を通ってハブキャップへと流れ出る。

IMG_3736a.jpg

特大プーラーでハブフランジを抜いたとこ。

IMG_3738a.jpg

ブレーキの配管を外し、バックプレートを外す。
グリースを綺麗に掃除し、古いオイルシールを抜いて、新しいオイルシールを打ち込む。
(手がグリスまみれで途中経過なし)

IMG_3741a.jpg

リテーナーオイルシール(ハブベアリングのグリース用)、ハブベアリング共に健在であった。
一応一通り部品は準備しておいたが(三菱ではベアリングしか出ない)、オイルシールとガスケットみの交換で済んだ。
ハブを付ける前にブレーキを組んだ方が絶対楽!!

IMG_3743a.jpg

滅多に使うことはないだろうと思っていたプーラー。
高かったから使わないとね(笑)

ハブナットの締め付けトルクは20.7Kg/m以上。
アクスル、バックプレートのボルトの締め付けトルクは3.5~4.8Kg/m

フランジとドライブシャフトはテーパーの嵌め合い、ハブナットは緩いとガタが出る可能性がある。が、キツく締め付けると、次回外す時にかなり苦労しそうという(笑)

割りピンは再使用せず、新品を使用。
本締めはドラムとタイヤを付けて、設置させた状態で。

午後からの作業だったので、左のみで止めちゃったけど・・・右側はどうしよ??(笑)

Posted on 2018/09/17 Mon. 17:24 [edit]

category: メンテナンス

tb: --   cm: 0

秘蔵の  

随分前に入手したまま、ずっとリビングに放置していた純正のフラットフェンダー。
埃をかぶって、リビングの片隅に鎮座すること5年・・・。

「いい加減手を付けないとな」ってなことで、この連休を利用して復活させる為の整備を開始。

IMG_3690a.jpgIMG_3691a.jpg

三菱純正のシールもそのまま、古い割に程度は中々。
とは言え、軽度の修正は必要。

IMG_3722a.jpgIMG_3720.jpgIMG_3724a.jpgIMG_3726a.jpgIMG_3727a.jpgIMG_3727a.jpg

ボルトの締め付けで歪んだ穴とか、鉄板の合わせ目とか端っこの錆とか。
叩いて修正して、磨いて錆チェンジャーを塗って第一弾は終了。

Posted on 2018/09/17 Mon. 16:40 [edit]

category: メンテナンス

tb: --   cm: 0

色々と着弾  

盆休み中に発注していおいた部品が着弾。

IMG_E3483.jpgIMG_E3484.jpgIMG_3515a.jpgIMG_E3637a.jpg

パーキングブレーキランプスイッチ、ブレーキランプスイッチ、リアハブベアリング、ナックルシール2種、ワイパーブレードにアクセルストッパーとシャフト、すべて純正部品。

IMG_3493.jpgIMG_E3484.jpg

ブレーキランプスイッチは形状が違うが、配線を作ればいいだけなので問題なし。

IMG_3570a.jpg

そして、三菱で生産終了で入手不可能となったリアハブのグリスオイルシールと、シム。今回も団長さんにお願いして海の向こうから手荷物で買ってきていただきました。毎度ホント助かります!!

で、簡単にできるところから・・・簡単すぎ!!www

IMG_3638a.jpg

これ、ゴムなのですでに取れてなくなっちゃっている車も多いのでは??

IMG_3639a.jpg

52はなくなってはいなかったけど、触れたら・・・粉々にwww

IMG_3640a.jpg

ボルトのセンターに被せる。

IMG_3641a.jpg

こんな感じになる。
アクセルオフでカチャカチャいったりする車は一度確認するといいかも。

Posted on 2018/09/09 Sun. 17:54 [edit]

category: メンテナンス

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top